入れ歯

入れ歯は、一部歯が失われた場合に、失われた歯を補うために作られるもので、一部失われた場合に作るのが部分入れ歯(局部床義歯)、全部失われた場合に作るのが総入れ歯(総義歯)と、大まかに分類できます。
歯を抜けたままにしておくと、見た目が悪いことや食べにくくなるといった直接的な影響もありますが、もっと悪いのは残りの歯に負担をかけたり、周りの歯が傾いたり、噛み合わせが徐々に狂い始め、お口全体の健康や表情、全身の健康を損ないます。

保険適応の入れ歯

保険を使って入れ歯をする際、総入れ歯は義歯床がプラスチックのものになります。
金属の負担が減りメンテナンスも行いやすいですが厚みがあり、違和感を感じることがあります。噛む力も強くはありません。
部分入れ歯は支えるために、「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛ける必要があります。
見た目がよくありませんが保険適用ですと、このタイプの部分入れ歯しかありません。
また噛む力は本来の歯に比べて20%から30%程度になります。

金属床(チタン床)

金属床は義歯床に金属を使用している入れ歯です。
保険適応の入れ歯に比べ薄くつくることができ、汚れも着きにくく清潔を保ちやすくなっております。
また歪む事も少ないので残っている歯にも優しいといわれております。
当医院では金属アレルギーの影響が少ないといわれているチタンを使用しております。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは金属バネを使わない入れ歯です。
口腔内でも保険適用の入れ歯と比べ金属バネが見えないので審美的です。
義歯床の厚さがかなり薄くできるので、違和感が少なくなります。
重さも従来の入れ歯と比べ2分の1になります。

電話番号 0422-31-8107

駐車場完備